タイ★子連れ家族旅行・BTSトレイン(鉄道)・チャオプラヤ ボート

2019年5月31日

2017/5/4~5/9ゴールデンウイークのタイバンコク旅行、3日目夜~4日目朝。

MBKセンター(マーブンクロンセンター)で、お腹いっぱい&お買い物して帰りはBTSトレイン、タイの鉄道初乗り。
発券機基本的にはコインだけのもので、その駅に1台くらいは紙幣も使える機械あったけど、毎回数人は並んでた感じ。
この時はコインいっぱいあったので、コインだけの券売機で。
どこの駅にもちゃんと駅員さんが改札口に居るので、紙幣しか無かったら「チェンジプリーズ」位でコインにしてくれるらしい。

ここは⓯W1のNational Stadium行き先はE3のNanaなので料金は28バーツ(90円位)。
どこの駅にもこんな感じであるのでわかりやすい。
料金のボタン押してお金入れるだけ、でも1人づつだから人数居るとめんどくさい。

この通りはいつの時間帯も渋滞気味だったので断然BTSトレイン(道路の上を走ってる)がおすすめ。
Googleマップで駅から駅でルート、経路検索すると料金まで出てくるスゴイありがたい時代☆

お金入れると出てくるカード、これが入場券値段も日付も表面には書いてない。
19:30でお疲れの次男4歳は歩く気0で旦那さんに抱っこされてたので、まぁいいかなぁと4人分のチケット購入。
その後なぜか電車に乗るたび次男は抱っこしろと・・・。
4回乗ったのだけど、最後に子供料金(無料)は身長90cmまでだと知って( ゚Д゚)すみませーんと。
でも次男を抱っこしてゲートを旦那さんが通る時、駅員さんとか居て見られてたりしたけど注意はされなかったな。
その節はごめんなさいでした。

改札機写真では長男、Suicaみたいに『ピ!』ってしようとしてるけどこのカードはG13って書いてある上に入れるタイプの物。
1日とか1週刊とかのチケットはなんかやり方違うとか。

土曜日の19:30 日本みたいに満員電車ですごい事にはなってないけど、そこそこの人。

列車には面白い広告。

こっちはカッコイイ系。
そうそう、駅のホームで日本と同じくこれより前には出てはいけない黄色い線があって、別の日空いて居る時家族みんなそれよりだいぶ手前で電車待ってる時、次男4歳が1人離れて電車来るか見ようとして黄色い線の手前まで行ったら、「ピーーーーーー!」って笛なって遠くの方に居た駅員さんにちょっと怒られてしまった、以後駅行ったら次男の手は放しませんでした。
安全第一ですもんね、日本よりもシビアそうなので子連れで鉄道に乗る際はご注意下さい。

ホテルに戻って、子供達は速攻爆睡。
Hanaは今日を振り返りタクシーの運ちゃんにやられたりなんだり、本当いろいろあった1日で母とタイ缶ビールで乾杯しておやすみなさい。

2時間日本より遅い時差のせいか、旅行でワクワクしているせいか連日早起きな次男、旅行4日目の朝は5:30分起き。
旦那さんと寝てる長男は6:30起床で「おはよう~」とやって来た。
1個前の記事で書いた朝食をお部屋でサクッと食べて、今日はバンコク観光と言えばの[ワットプラケオ・ワットポー]に行きまーす。

8:00 にアンバサダーホテル出発。
朝のホテル前の道路こんな感じでずーっとピタピタの縦列駐車、どうやって出し入れしてるんだろ???凄過ぎ。

昨日はコインのみの発券機を使ったのだけど、今日は紙幣が使える券売機を使用。
こっちはタッチパネルでEnglishを選択してから、行き先ぽちっとしたら料金が出るのでお支払。
今日の目的地ワットプラケオへは基本?の行き方Sapahan Taksin(サパーン タクシン)駅から船に乗り換えていく感じで。

料金は1人42バーツ(130円弱)と安いけど人数が居るとタクシーの方が安くすむ感じ、でももうなるべくならタクシーに乗りたくないタクシー恐怖症にみんななっちゃったので(苦笑)鉄道利用で気持ちが楽だわ。
が今日は違う問題が、Hanaが唯一持って来てたクレジットカード(アメリカンエキスプレスカード)の使える店がほとんどないと昨日解って、現金持ってたいなぁと両替したかったけど、昨日は遅かったし今日は8:00ていう早い時間で両替所まだやってな~い(´;ω;`)

8:30 Sapahan Taksin(サパーン タクシン)駅着。階段降りたらUターンでしばらく歩く。

この先がSathorn(サトーン)船着き場、でも両替しないと船乗れない(-_-;)。
船着き場着いてあったー両替所!でも閉まってる、今日は日曜日だけど大丈夫か?Open Daill(毎日開いてる)って書いてあったけど時間は9:30~でまだ1時間もあるからほかに店がないか探してみよー。

駅の前の大通りまで出て来て日曜日だったから銀行はお休みだったのだけど、ATMがあって救われたーとクレジットカードでキャシングをしてみる。
が、英語を選択しても進むもできない{違うお取り引きをして下さい}的になっちゃって(涙)旦那さんしばらく格闘してやっぱ無理で、隣に来た地元の男性(英語が少しできた)にタイ語でやってもらったら「このクレジットカードではおろせないって。」って教えてくれて・・ガーン。
Hanaが持ってる他のクレジットカードは、海外キャッシングできるようになってるのにこのカードだけはそうしてなかったらしい、それなのに今回はこの1枚を頼りに持って来て本当参ったわ。
当たり前だけど海外旅行の前にはクレジットカード確認しとかないとですね。
8:45 日差しが既にやばいあつーい。

両替所ないかなーと街歩き、一流ホテルがあってダメ元で聞いたんだけどよそ者は(宿泊していない人)ダメだった。
まぁここは予想内だけど。
裏道入ったらタイの日常が見られた。

こんな感じの所でご飯食べられたらある意味で本物だよね。
タイ初心者にはまだまだほど遠い体験だわ。

9:15 探し回ってみんな歩き疲れっちゃった(^_^;) 
もう最初の両替所の9:30のオープン待とうって事で、大きい通りのまだオープンしてないショッピングセンターで唯一開いてたマクドナルドへありがたやぁ♪ 
マックの店員のおねえさんが流暢な英語で対応してくれたので、英語を習っている長男8歳が注文チャレンジ!
長男は無事に注文出来てホッとした&僕も出来る的な満足してる感じ( *´艸`)

ポークハンバーガー24.50バーツ(74円)を2個と24.50バーツのコーンパイ1個、コーヒーフロート24.50バーツ1つとストロベリーサンデー2つで49バーツ(150円)、トータル147バーツ(450円位)。
次男汗だくそりゃアイス美味しいよね。

74円程度のコーヒーフロート、旦那さん「日本のマックもこれ置いてくれないかなぁ?!」って安くて美味しい!

9:45船着き場にある両替所到着、開いてたよー良かった。
この日ここのレートは100円=30.43バーツちなみに空港は30バーツで街中は30.65バーツだった。
1万円両替して3,043バーツ。

ここの船着き場でChao Phraya Express Boat(チャオプラヤ エクスプレスボート)とChao Phraya Tourist Boat(チャオプラヤ ツーリストボート)に乗れてこの両替所の右側と左側1個所づつ乗り場が、右側は駅から来るとちょうど前方の方、こちらは地元の方が利用するお安く移動できる船Chao Phraya Express Boat(チャオプラヤ エクスプレスボート)で、本当はそれに乗りたかったのだけど両替所探しであわあわして、この左側にはしっかりとしたチケットカウンターがあったので何も気にしないでチケット買ったら、乗るつもりじゃなかったツーリストボートだった。

下の写真お借りしました。
こちらがChao Phraya Express Boat(チャオプラヤ エクスプレスボート)1人1回の乗車で14バーツ(45円位)、行き先?寄る場所によっては旗の色が違うらしくワットプラケオ王宮とかに行くにはオレンジの旗に。
こっちの船に乗りたかったんだよね。

この乗り場の看板見てから、間違えた事に気が付くっていうね。

こっちのChao Phraya Tourist Boat(チャオプラヤ ツーリストボート)は片道1人40バーツ(120円位)、4歳次男は料金取られなくて大人3人8歳長男で40×4=160バーツ(480円位)お安いんだけど、半額以下で行けたのにな~とHanaはしばらくとほほ(-_-;)

出発まで後10分ちょっとの時乗って、外側が何とか空いてて座れた!

船の中にもマップ。
ツーリストボートの始発は9:00で30分に1本の運行。

船が断然おすすめです。

10:00出発、外側座れて良かったー暑いけど風が気持ちー♪

結局出発の頃には、そこそこ席が埋まってた。

ワットアルン、工事中との情報だったけど本当にまだ工事中だった。
元々予定には入れてなかったので船から覗く感じで(笑)
元々夜のライトアップは素敵だったらしいから、修繕終わったら綺麗なライトアップが見られるんだろうなぁ(*^_^*)

タイな景色。

時刻表とかには20分で、Googleマップでもそのくらいで着くって感じだったけど実際Hana家が乗った時は30分かかった。
ボート降りたらこんなオブジェが面白。

ここの船着き場Chang Piea ボートピアはおしゃれなお店屋さんや飲食店があった。
Hana家は時間押してたのでスルー。

お次はザ・タイの観光名所めぐり行きます。







スポンサーサイト
アフィリエイトはエーハチネット
ドメイン取るならお名前.com