タイ★家族旅行・トゥクトゥク乗ってみた・カントンハウスでご飯・無料バスに乗ったら

2019年5月31日

2017/5/4~5/9ゴールデンウイークのタイバンコク旅行。

ワットプラケオ・ワットポーと観光を終えてお次はご飯へ。
ワットポーの出口を出るとすかさず声かけられる。
「どこ行きたいの?タクシー?トゥクトゥク?」交渉専門とみられる男の人日本語上手、英語も堪能。
次の移動はトゥクトゥクがいいなぁっと思ってたから、乗りたいんだけどぼられないか怖いよぉ~(~_~メ)

最初そこそこな金額吹っ掛けられたけど、それならいいやって強気の姿勢の旦那さん。
前日のタクシーでの痛い思いがあるから頑張る旦那さん(~_~)。
最終的に300バーツ(900円)で交渉成立、降りる時に払ってくれとの事それまでほんとに300か?と不安なHana。
多分物価からすると高いんだけど、トゥクトゥクはアトラクション感覚で1度子供達に体験させてあげたいと思っていたので良しと言う感じ♪
12:30チャイナタウンに向けて出発。
母の狙い的中子供達喜んでくれた(*’▽’)

トゥクトゥクて何人乗りなんだろう?Hana家は大人3人8歳1人4歳1人の5人で乗車。
このトゥクトゥクは比較的シンプルな方でめっちゃ派手なのとかあるんだよね(笑)
この運転手さんはタイ語オンリーらしく一言も話さず。

15分のドライブ、次男心地よい風に良い揺れでポテチん?。
事前に交渉人に言われていた通り300バーツきっかりで大丈夫だった、良かったよ~。

チャイナタウン。

チャイナタウン無い国ってあるのかなぁ?中国人って色んな意味でスゴイよなぁ。

チャイナタウンの端あたり、ごちょごちょ感がなくなって来た所に目的のお店[カントンハウス]真ん中の茶色い建物。

12:55入店、ほぼ満席。
メニュー見ても小籠包がなーい、店員さんに聞いたら置いて無いとの事(-_-;)食べたかった。
あるものだと思い込んでたよ。

コーラ20バーツ・バナナスムージー50バーツ・イチゴスムージー60バーツ(180円)大きなコップにたっぷり、美味しかった。

カントン焼きそば?120バーツ(360円)

空芯菜120バーツ中華系のお店でこれは失敗した事無いかも。

何だったかな?70バーツ。

飲茶30バーツ×2。

手羽元の何か写真みて決めた。
トータル570バーツ(1710円)どれも全部美味しかった。

14:00みんなおトイレ借りて(場所がわからなくて聞いたら2階にあった)ごちそうさまして出発。
自作のしおりにはここからタクシーでホテルに帰ると書いていたのだけど、前日のタクシーの嫌な体験から旦那さんがタクシーを拒絶(~_~;)
なのでGoogleマップを使ってバスを調べたら、1本後ろの通りからBTSトレインのNana駅まで直通でバスが出でた!

Googleマップを頼りに乗り場へ、人が沢山いる所で何となく待機。
25番バスとの事だったので待ってるとバス到着。


写真お借りしました。

待ってる所にいたほとんどの人が25番に乗りたかったらしく、ぎゅうぎゅうの満員にHana家も乗り込む。
クーラー無しでちょっとぼろいこのバスは無料と言う事は何となく知っていたけど、本当に無料かな?とちょっと心配に。
そんなこんな思いながらもバスが出発、ちょっと走ったらおばちゃんがタイ語で喋ってる、しかも怒った感じで(>_<)タイ語がわからないHanaが???な感じでいたら、満員に乗っているタイのみなさんの視線がHanaへ・・・。
で、大きな声で怒られた(´;ω;`)なぜ私???

どうやら「次男4歳を見ておきなさい。」と言う事みたい、Hana家では外出先で子供の手を引くのは旦那さんなので、この満員バスでもHanaから離れて旦那さんの隣に居た次男。
後々思ったのはタイでは母親が子供をしかり見ててあげる、守ってあげるのが決まり?なのかなと。
次男をHanaと旦那さんの間に来させるもバスはなんか嫌な雰囲気・・・。
そんな時旦那さんの隣に立っていた男性が話しかけてくれて、英語はあまり得意そうではなかったけど一生懸命になってくれて、こちらはGoogleの翻訳機能でタイ語で答えてやり取り。
Nana駅までいくつもりですと伝わると、この満員バスに子供はかわいそうだと言う事みたい、「40番のバスもNanaへ行くから乗り換えた方が」との事。
旦那さんとこのままこのバスは居づらいしとりあえず降りようかとなって、次の停留所で下車。
その際も隣に居た男性は「40フォーティー」と一生懸命に伝えてくれて。

降りた所は繁華街から遠そうで雑然としてる場所、Googleマップで見ても40番バスの情報が出てこなくて
不安(;´Д`)
40番バス来たよ~何もわからないここタイで、男性の40番バス乗りな!を信じて乗るしかないよね。

写真お借りしました。

こちらのバスはクーラーが付いたバスでバス員さんが料金の徴収に来て「ナーナーまで」と伝えると、英語が話せるバス員さんで1人13バーツで4人分と52バーツ(156円)お支払。

あぁ~帰れるよぉ( ;∀;)安心した。
ちなみに前回バス乗った時は次男4歳の乗車賃をお支払、今回は無し。
バス運賃は人によってなんだと実体験。

前方の席にママと乳幼児2人が乗ってって、1席空けてくれて長男、次男を座らせてくれた。
道路が渋滞していてかなりの時間バスに揺られてたのでありがたかった(^-^)

昼食をとったカントンハウスを出てから2時間。
16:00やっとやっとアンバサダーホテルに着いたぁー(*´▽`*)

大人は何だかんだでへとへと、が子供達は「プール入ろう♪!」っと子供って元気だわぁ。
着替えてすぐプール。







スポンサーサイト
アフィリエイトはエーハチネット
ドメイン取るならお名前.com